デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌!気をつけたい洗い方

デリケートゾーンの臭いの原因のほとんどが雑菌です。
菌と言えば、パンツ内の環境は、女性のおりもの、汗、尿、垢、生理の時の経血と適度な温度で、雑菌が繁殖し易いんですよ。
性交渉の後はこれに精子が加わり、膣の中は菌が増加する要因がたくさんできることになります。

デリケートゾーンの臭いの原因の一つは、アポクリン汗腺から脂肪やアンモニアが含むあ汗を出します。
それに菌が付着、そしてにおいがきつくなるのですが、この構造は腋臭と似ています。
ですから、腋臭持ちの方は、デリケートゾーンの臭いもきつい方が多いです。

腋臭と言えば、親からの遺伝と言われていますが、デリケートゾーンの臭いもその可能性大きいです。
しかし、腋臭と違って、自分で気をつけることができます。

中学生くらいから気になる女子もいますが、お風呂で常に清潔にする、毎日下着は取り替える、生理の時はビデを使うなど工夫をすることで臭いを防ぐことができます。
体操着や部屋着もまめに洗濯する、ウェットシートなどを使うのも良いですね。
膣内洗浄は効果がありますが、気をつけなくてはならないのが、洗いすぎです。

デリケートゾーンのにおいはえんぴつ臭、スルメ臭、鉄臭などいろいろな感じ方がされ、雑菌が原因です。
しかし、膣内には常に幾つかの常在菌があり、それも洗ってしまうのはかえってマイナスです。

そこで、臭いの雑菌を洗うのも良いですが、ビデではあまり勢い良くせず、お風呂では膣入り口で、奥までいかないことです。
これは気をつけましょう。

Comments are closed.